連投④ ロッキーアイランド〜Futuna島〜

最後に目指すは最東端フツナ島!
ここには「ディスペンサリー」が1つ、「エイドポスト」が2つある

フツナ島、ほとんど情報も手にすることなく足を踏み入れた
宿泊施設がないことから、カウンターパートが手紙をつくってくれた
アナイチョム島で出会った人に「ロッキーアイランドに行くのね」と言われたことが頭の片隅にあったくらいだ
〜ロッキーアイランド〜
その後、その素顔を思い知ることになる

【Futuna島 3泊4日】
到着するとすぐに大雨
雨宿りする空港でしばしまわりの人たちの様子を観察
「手紙」を渡す看護士のいるディスペンサリーを目指して、まずはこの集団についていこう(携帯電話は繋がらず、固定電話も限られた場所にしかなく事前に連絡ができなかった)

なんて思っていると、何をしているんだ?と話かけられ事情を説明
手紙を渡しにきたのね、という青年の言葉に違和感を感じ、看護士はどこ?と尋ねると

飛行機の中/////
自分が乗ってきた飛行機で、看護士は出発すると
完全に入れ違った

どうしようか、と思っていると見覚えのある顔
どこかで会ったこの人
ボクタチ会ったことあるよね、と無理矢理声をかけ記憶の糸をたどる
c0196549_108812.jpg
〈4月下旬 ワークショップでたまたま撮ったビル〉

そう、職場に赴任した直後4月下旬、エイドポストワーカーのワークショップでNguna島に訪れたとき。その時、少し会話をしたのだ
向こうも、みんなの名前を日本語で書いてくれたヤツだと覚えていてくれた
記憶力が幸をよんだ


ということで彼の住むハロルドベイ村のエイドポストへ出発
c0196549_1014290.jpg
歩き出してすぐにわかった、ロッキーアイランドと名付けられる由来が///
足下は「岩」「石」「木の根」
常に「登り」か「下り」をしていて、真っ直ぐな道などまったくない

さらに歩を進めていくと、人が横に二人並んで歩けない細さになっていき、島を左回りしているボクの右はほとんどが「断崖絶壁」
雨で足下がゆるみ、「集中」しないとすぐに転倒、景色を楽しむ余裕などなく、息も切れてくる

よくこんな道を歩けるな
なんでこんな島に人が住み着いたんだろう
日本人のシニア層はもちろん、体力のない人は来れないな
c0196549_10163542.jpg
〈おじいさんがバスケットを背負って笑顔で歩いてます〉
なんてことを考えてると、足を滑らせる。歩行に集中しなければなりません
c0196549_1021314.jpg
〈足を滑らせたビルを激写〉

約1時間半、無事にエイドポストに到着
ロッキーアイランドと言われるこの島、過酷な道だ
この日は少しだけエイドポストの話を聞いて休むことに
c0196549_11125645.jpg
〈自分がつくったポスターがここにも貼られていました エイドポストに水道がないのが痛い〉

この日はエイドポストでビルと寝ることに
c0196549_1839181.jpg
〈教会でのユースの集まりに行くことに ボクも踊りましたがこれは日大節ではありません*****〉

ー2日目ー
翌朝は日曜
ビルの朝の仕事に同行
彼処の手術をした子どもたちに薬(ペニシリン)を配りにいきます
c0196549_1035199.jpg
〈手術をした少年達は女性に見られてはいけないというカスタム* 一つの家に隔離されていました みんなでトランプゲーム〉

その後は教会へ一緒に行くことに
今日は午前/午後とサービスがあり終ったのは夕方4時近く 信心深い

ケガをしたヤンチャなユースがエイドポストやってきます
c0196549_10375576.jpg
〈バヌアツの医療設備向上のために使用するからと撮影許可済み 1.ブッシュナイフでココナッツを切る際あやまって指をカット。切り傷が深く指が2倍に腫れ上がっていた 2.石に躓きツメがはがれる〉

そして、2つ目のエイドポストを目指しマタンギ村へ
ビルとはお別れで、ブラウニーが連れていってくれます
c0196549_1040678.jpg
〈手すりにつかまっていないと雪崩れ落ちます//// ココナッツクラブ発見*****〉

マタンギ村への道のりは昨日以上にハードな道のり
日も暮れかかってきて、すぐに暗黒のロッキーマウンテンへ
自分が歩けそうな岩を探しながらまさに一歩一歩前へという感じ…
約3時間、ビーチサンダルで怪我せず歩けた
この日はホントよく寝れた

ー3日目ー
マタンギ村のエイドポストへ
ブラウニーはまだエイドポストワーカーとしてのトレーニングを受けていないので、できることが限られている
エイドポスト内の改装を考えているようだが、金銭面で苦難しているようだ
※フツナでは一度の診療、子ども20VT=約20円 大人40VT=約40円
 (アナイチョムでは100VTだった 首都セントラルホスピタルは200VT)
 この代金はエイドポスト内の運営費として使われる。政府に払い戻す必要はない 
診療代金をめぐる論議は各地域でおこなわれているようだ
c0196549_10511094.jpg

そしてなんといっても気になる彼らの「交通手段」
深刻な病気や重症なケガを患ったとき、かれらはどうしてるのか????????

こんな話だった,,,,,
この村にはラジオも電話もないから、「連絡手段」がない ボートがないから徒歩が唯一手段
車は島に一つもない
①1時間ほど歩いて看護士のいるディスペンサリーまでいき、看護士を連れてくる
②ボートが出せるようだったら、ボートを出す けれども荒波に囲まれたフツナ島ではボートをだせないことが多い。海岸沿いでの事故が多い
③担架をつくり、徒歩で患者を運搬する

つい先日も、担架をつくり、徒歩で重病者を運んだそうだ
それでも2004年に周回道路が整備されたというから、それ以前に比べればぜんぜんイイという
以前は、両手で岩にシガミツキながら、木のツルを掴みながら進んでいったという(驚きをこしてつい笑いが出てしまった)
フツナ島、みんなの目にはどう映るんだろう
c0196549_11334152.jpg
〈お世話になったブラウニー家族のみんな 木で作られた家に住んでいます 空手好きのセニー 数時間で素敵な手づくりバスケットを作ってくれました あったかいです〉

まったく連絡もなく、突然現れた異邦人を泊まらせてくれ、なんともいえません
さびしくもマタンギ村を後にし、ディスペンサリー、空港があるミッションベイ村にもどる。これで島一周したことになる。
途中ロッククライミングのように両手で岩を登ったり
フツナ島に住む人の強靭な体力、逞しさを体で思い知った
c0196549_10564887.jpg
〈岸壁のはしごを歩いていきます〉
〜豆知識〜
フツナ島にはたくさんの石碑があった
宣教師や国外から流れ着いた人たちを「食」した記念碑 歴史です

この日はディスペンサリーで寝ることに
c0196549_11382316.jpg
〈電気はソーラーを使用 ラジオ完備 出産600VT 彼処の手術500VT〉

フツナ島、このような島が存在することに希少価値を感じる
モンブランのような島でお年寄りも子どもも歩く歩く
今後もロッキーアイランドのことは語り継いでいこう*****
c0196549_113884.jpg
〈ロッキーアイランド 仲のよい兄妹 首都は大嫌いというお母さんラトゥ 空港〉

面白かったのは、ポートビラに帰ってきてみんなフツナ島に興味津々なことだ
ほとんどの人が訪れたことがない、バヌアツでも一目置かれるフツナ島
ビデオでみてコワいからいきたくない、という声があったり
バヌアツ人が知らないことをオマエが話せるのは面白い、と言われたり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バヌアツの人にホスピタリティに支えられる旅になった
人に優しくできること、反省させられることがたくさんあるなと感じる
そして、みんな声を揃えて「日本人」が好きだと言ってくれます
日本人は「バヌアツ」を知らないけれども、バヌアツの人々は「日本」をとてもよく知っています
そんなことも、日本のみんなに知ってもらえたらと思う
ぜひまわりの人にバヌアツのことを話してほしい
いい旅だった
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
c0196549_1503944.jpg
c0196549_1135413.jpg


ー小話ー
アナイチョム島、フツナ島、彼ら同士の会話は「島独自の言語」で会話していた
まったく理解できず
バヌアツには「100」を超える言語がある
まさにミステリーです
アナイチョム島とフツナには警察はいません
コミュニティとチーフの存在で秩序を保っているのです
[PR]
by jmb-you | 2009-12-13 12:00


バヌアツ保健省ヘルスプロモーション課での活動記録


by JMB-You

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

次のステージ 海の案内人へ
at 2012-07-03 14:27
奇跡の再会 & Happy ..
at 2011-07-31 06:32
バヌアツ最後の数日
at 2011-06-01 01:25
2年間の感謝を込めて
at 2011-05-17 16:41
連投2.ヘルスプロモーション..
at 2011-03-08 13:20

LINK

ライフログ


Lonely Planet Vanuatu & New Caledonia


Globe Trekker: Pacific Islands - Fiji Vanuatu [VHS] [Import]


A New Bislama Dictionary: Bislama-English/English-Bislama

以前の記事

2012年 07月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
駒ヶ根訓練所
未分類

検索

ブログパーツ

お気に入りブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧