2009年 05月 03日 ( 3 )

Labour Day Mix Tournament "Net Ball"

金曜日はVanuatuの祝日。
Labour Day ー勤労感謝の日ー

この日は"Net Ball ネットボール大会"に出場した。
オーストラリア・ハイコミッショナーが企画。
参加団体はエアーバヌアツライン(航空会社)、ブレットバンク(フランス系銀行)、リザーブバンク、タスカ(バヌアツ地ビール)、市警察、オーストラリアハイコミッショナー、そして保健省。
保健省チームはビラセントラルホスビタルとの共同チーム。
c0196549_19185434.jpg

体育会系ということをはなしたことをきっかけに、保健省チームに選出してもらった。
練習は水曜夕方にあるスポーツタイムで2回参加。
ルールをだいたい覚えて当日をむかえた。
Net Ballはバスケットボールと似ている。
パスを回して自陣のゴールにシュートを決める。
ボールはバスケットボールよりやや小さい。ゴールはポールの上に丸いわっかがついてるだけ。人数は7対7。ドリブルはない。相手がボールを持ったら3歩離れなければいけない。etc.
c0196549_192848.jpg
〈応援に団結力を感じるTusker Team〉

保健省チームの結果は、、、

最下位。

みんな全力をつくしました。


自分のできとしては、持久力がもたなかった。
バヌアツの湿度はもの凄く高い。80% 90%はざらである。ホームステイの時に、日陰で折り紙しているだけでも汗だくだった。
ただでさえ汗かきな自分にとっては、12分ハーフでTシャツがしぼれるくらいの汗をかいてしまう。   くやしいので体力作りをしよう。
c0196549_1925748.jpg

スポーツはいい。
運動は楽しい。

c0196549_19305478.jpg
〈保健省チーム チームシャツはマラリア撲滅シャツ みんなと心が通じあえた気がした一日〉
[PR]
by jmb-you | 2009-05-03 20:32

National Measles Campaign

二週目は3日間終日会議に参加。

会議の内容は、"National Measeles Campaign ーはしか予防接種キャンペーンー"。
6月16日から7月24日が開催期間。
1歳〜5歳未満のこどもたちに麻疹の予防接種をおこなうことがねらい。1回予防接種している子は2回目を。

このキャンペーンはWHO(世界保健機構)とUNICEF(国連児童基金)が融資している。また、WHOから2名とUNICEFから1名のコンサルタントがきていて、予防接種計画の統括をしている。
c0196549_19185255.jpg
〈まちのホテルをかりて会議〉

保健省ではEPI課がその補助を担当することになっている。
所属するヘルスプロモーション課は、キャンペーンで使うポスター・バーナー・パンフレット・Tシャツなどの作成や、新聞・ラジオへの広告依頼が担当。コンサルタントからは、あれもこれもただ手をつけるのだけはなく何が一番大切な広告媒体になるかを考えて、と教えてもらった。
c0196549_19212482.jpg
〈カウンターパートKepoueのプレゼンテーション〉

会議には6つの州から保健課の方々2〜3人が参加。
WHOのコンサルタントのプレゼンテーションをもとに、どうやって予防接種を全員にしていくかの詳細をつめていった。
WHOのねらいは資料としてあがってきたこどもの数の「95%」の予防接種率を目指すこと(各州2週間の期間を設定)。
そのために、麻疹の予防接種の重要性、現在の各Health Centreなどの実態がプレゼンされた。
こどもの栄養状態も悪いと、抵抗力がないゆえに、合併症にもかかりやすく、死亡することもある麻疹。そして接触感染の確率が高い麻疹。
各Health Centreの実態では、ワクチンのはいった冷蔵庫が私物化されていたり、消費期限切れのワクチンがあったりする管理の甘さを通達した。

そのうえで、、、
各州には何チーム(注射を打つ人・データを管理する人・手伝い 3人編成)必要か
現在あるクーラーボックスや保冷剤の数は
移動手段や移動にかかる時間は
一日に各チーム何人接種すれば95%達成可能となるか

と コンサルタントの助言をもとでに、各州ごとに計画を立てていく。
c0196549_19244371.jpg
〈WHOバスカルのプレゼンは勉強になります なにがなんでも95%を、という気持ちが伝わる〉

バヌアツには、ボートを利用しなければこちらからたどりつけない村が多く、また2日間歩かなければたどりつかない地域もある。
見積もりをたてることが難しいといった州担当
是が非でも95%はクリアしたいコンサルタント
真剣な話し合いが続いていった。

明日から準備期間約1ヶ月。
ヘルスプロモーション課はAdvocacy Advertising 制作にとりかかる。

ビスラマ語と英語の壁におもいきりぶちあたる三日間でもあった。
[PR]
by jmb-you | 2009-05-03 20:30

Aid Post Workerトレーニング

業務がはじまった。

公衆衛生局ヘルスプロモーション課は4名で構成。
課長とグラフィックデザイナー1名。
ヘルスプロモーション課の一組織として、村落保健担当1名、口腔保健担当1名。
この4人がカウンターパートナーとなり、デスクを並べていくことになる。
よろしくおねがいします。

勤務基準時間は7:30〜16:30(12:00〜13:00 Lunch Time)。
雰囲気をみると、朝はのんびりしているようだが、夕方は時間きっちりに帰るわけではなくキリのいい所までやっていく。
水曜の夕方は健康促進をねらったスポーツタイムがある。


一週目のほとんどは、保健省の各部署に挨拶回りに行き、自分のデスクを用意してもらい、様子を観察するかたちとなった。
みなそれぞれ仕事があるので、パソコンにむかっていたり、打ち合わせにいったりで話しかけるタイミングがなく一日椅子に座っていることも。
話もできない時間。それはそれでツラい。
自分は新規隊員になるので誰かの後任というかたちではない。
何か仕事をしたいという焦る気持ちをおさえ、最初はこんなものだろう と自分をおさえる。

それでも、勤務後には、課長のJJと村落保健担当のKepoueのお家にまねいていただいたり、カバを飲みに連れていってもらったりと、嬉しい時間をもらった。
ゆっくり話をすることもできる。
家族を紹介してもらえたこともありがたい。子どもたちとのコミュニケーションに肩の力がぬけた。
c0196549_19575569.jpg
〈NGUNA島のピンクが映える樹〉


一週目のある日は、村落保健の出張でNGUNA島に同行させてもらうことができた。
Aid Post Wokerのトレーニングを視察するというものだ。
c0196549_19153734.jpg
c0196549_1918383.jpg
〈Siviri Aid Post〉

Aid Postとは、、、
Vanuatuの医療設備はこのようになっている。
Central Hospital

Health Center

Dispensary

Aid Post

道路や電気、ガスがない地域がほとんどのVanuatuには医師がいて手術できる「Hospital」が少ない。バヌアツにあるHospitalの数は5つ。バヌアツには6つの州で構成されており83の島からなる。それだけみてもHospitalの数が充実していないことはわかる。
「Health Center」には、数名の看護士はいるが医師はいない。Hospitalに運ぶ車が1台あるくらいだ。マラリアの感染検査はできる。
「Dispensary」は、場所によっては冷蔵庫もないところがある。1名の看護士がいる。
「Aid Post」は、ホームステイにいってMahe村にもあった。看護士はおらず、村の一人が管理するかたち。常備薬が備えられているだけだ。


Aid Postがあるような地域で大怪我や緊急患者がでた場合、どうなるだろう?
Aid Postから車のあるHealth Centerまでは何時間かかるだろう?
車も通れない道となると、徒歩による搬送となる。
そして、Health CenterからHospitalへとなるとどうなるのか?
そのうえ、道路インフラは首都から離れると整っていない。
凸凹のアスファルトや水がたまってドロドロの土。

Aid Postは人々にとって大切な大切な存在。
近場で解熱剤や鎮痛剤などの薬をもらえることができるのだ。

そのAid Postで働く人のトレーニングを視察しにいったのだ。今回は30名ほどがいた。
2ヶ月半の期間だという。保健や看護に関する知識をたたきこみ、それぞれ各村にもどっていく。
c0196549_19231928.jpg
〈みんな頑張って勉強してね〉

今回の視察はPeace Corpsのメンバーと一緒にいった。Peace Corpsとはアメリカ版青年海外協力隊。駒ヶ根の訓練でPeace Corpsの話をきいていたが、こうゆう形で早々に会うことができた。
今後ともよろしくおねがいします。
c0196549_1920496.jpg
〈Peace Corpsのメンバー4人、Siviri Aid PostのMerianさん、ボートタクシー運転手〉
c0196549_19272921.jpg
c0196549_19254089.jpg
〈村落保健のKepoue 海岸からトレー二ングのあるDispensaryまで徒歩90分〉
[PR]
by jmb-you | 2009-05-03 20:27


バヌアツ保健省ヘルスプロモーション課での活動記録


by JMB-You

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

次のステージ 海の案内人へ
at 2012-07-03 14:27
奇跡の再会 & Happy ..
at 2011-07-31 06:32
バヌアツ最後の数日
at 2011-06-01 01:25
2年間の感謝を込めて
at 2011-05-17 16:41
連投2.ヘルスプロモーション..
at 2011-03-08 13:20

LINK

ライフログ


Lonely Planet Vanuatu & New Caledonia


Globe Trekker: Pacific Islands - Fiji Vanuatu [VHS] [Import]


A New Bislama Dictionary: Bislama-English/English-Bislama

以前の記事

2012年 07月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
駒ヶ根訓練所
未分類

検索

ブログパーツ

お気に入りブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧