2009年 05月 30日 ( 2 )

動きだしたこと 動きだしそうなこと

①〈Vila Central Hospital の Leias看護士さんと〉

「JICAトレーニングコース」。
世界各国の人たちが日本で専門分野の研修がうけられる制度。

今年、バヌアツには24件の研修があがっている。研修は1ヶ月から1年と。
応募、審査、選考をへて研修をうけることができる。

その「JICAトレーニングコース」から帰ってきた人にたいして「フォローアップ協力」というものがある。
日本での研修を本国での活動にいかしていけるように、上限200万円をサポート。
本国で資産が捻出できそうなものや、計画性のない機材供与の申請はとおらない。

JICAバヌアツ支所の企画調整員OrimotoさんからLeiasさんの紹介をうけた。

LeiasはVila Central Hospitalの看護士。
Vila Central Hospitalは首都にあるバヌアツでもっとも医療設備が整った中央病院。
Leiasは2007年に「看護指導者育成」というコースで日本にいっている。
帰国後、バヌアツにおける院内感染防止のための活動を行う必要性を痛感し、有志のメンバーと「感染対策委員会」を設立したという。

勉強会や後輩への指導をしていくものの、予算がない活動に限界を感じたという。
そこで、「フォローアップ協力」を申請し、設備上の不備を改善しようとしてるのだ。

具体的には
1.ひじで水の開閉ができる蛇口 200コ
2.足で開閉ができるゴミ箱 50L×30コ
3.産後病棟のシンク 2台
計約100万円

ハード面では
手術室以外のすべては、蛇口を手でひねって開閉する家にあるような蛇口
ゴミ箱は手を使って開け閉めをする
産後病棟に手洗いシンクがなく、その都度違う場所で手を洗わなければならない
という現状。

ハード面以外では
医師が手を洗わないことも
なんで手を洗わなければならないの,いそがしいから時間がないという声
せっかく石けんで手を洗ってもつかったタオルで手をふく
という現状。

「設備」 と 「意識」

Leiasは両面をかえていきたいと願っている。

自分の役割は、Leiasがつかっていきたい感染症防止にかんするリーフレットをつくること。

Leiasへのお願いとして、現状を目でみたいから病院内につれていってほしいこと、ボスにこの件を伝えてほしい旨をつたえた。
現状に悲観しているだけでなく、自分で動かそうとする姿に興奮させられた。
おもいっきりサポートしたい。


②〈Nutrition の Thetoと〉
いつも声をかけてくれる、声をかけにいくTheto。
栄養課でとなりのオフィスにいる。
c0196549_1491879.jpg
〈TV-Spotの原案作りに協力してもらった 木の前で撮りたいと〉

食事といったらThetoという存在。
裏庭にいもを栽培していたり、果物の柄のシャツをきていたり、化学調味料大嫌いなTheto。

公衆衛生局内では週に一回はファンドレージングがある。
11時頃になると女性陣が昼ご飯をつくって売る。
そのお金をためて、公衆衛生局のおこづかいにしているよう。
Thetoは料理の中心。
100%オーガニックでつくることをモットーとしてる。


そんなThetoがやってきて、Yukiは何ができるんだ? と
日本でやってきたことを説明すると、Physical Exerciseできるの? と

9月くらいにThetoがやるワークショップを一緒にやらないか と
フィジカルエクササイズはまかせて ぜひやらせてほしい とお願いした。

他の課のサポートをするヘルスプロモーション課の役割でもあり、自分のやりたいことでも。
まだどうなるかわからないが、資料つくりをしていこう。

動きだしたこと 動きだしそうなこと


*〈無償資金協力〉
在フィジー日本国大使館吉澤大使と工事関係者、在留邦人、JICAバヌアツ支所との懇親会があった。

日本からの無償資金協力で「サラタカ川水力発電所改善計画」が終了し、「ポートビラ港埠頭改善計画」が始まる起工式がおこなわれる。
「無償資金協力」とは、返済義務を課さないで資金を供与する経済協力のこと(青年海外協力隊は「技術協力」 「有償資金協力」もある)。
そのセレモニーに出席する大使がきた(バヌアツは日本国大使館がないので、フィジーの管轄になる)。

日本にいる時はしらなかったが、様々な形で各国と関わっている日本。
政府ができることと、一人でもできること

c0196549_14143341.jpg
〈バヌアツにきて初めてはいるレストラン 二人とは意気投合〉
[PR]
by jmb-you | 2009-05-30 14:20

Influenza A H1N1 ポスター         Measles Campaign コマーシャル

朝起きると涼しくなってきた。
いちばん涼しくなる7月にむけて気温がさがっている。

この2週間、色々動いてきた。

①〈Influenza A H1N1〉
昨日、感染者がバヌアツ国に入国していたという情報がはいった。
バヌアツでの感染者情報はまだなし。
注意をよびかけるポスターとパンフレットをつくっている。
第一試作をつくったのが5月7日。
一度その試作が新聞に掲載されたが、今日が5月29日。まだ印刷がすんでいない。
WHOからは尻を叩かれつづけている。
それでも、バヌアツにある二つのプリント屋のどちらにするかでもめている状態。

4月の下旬に新型インフルエンザがみつかってひと月。
となりの国、フィジーでは5月の頭にはパンフレットができていた。
バヌアツのスピード感をあじわっている。
c0196549_2295181.jpg
初のポスター制作
〈ビシュラマ語と英語とフランス語で翻訳 絵だけはフィジーの保健省からもらう〉


②〈National Integrated Mass Measles Campaign〉
ーワークショップー
麻疹予防接種キャンペーンも一ヶ月をきった。
WHOとEPI課が中心となって、ヘルスプロモーション課がサポートしている。

月曜日と火曜日はワークショップがあるというので参加。
キャンペーン中の人手が足りないというので、EPI課から要請。
もちろんやらせてほしい と伝えた。

今回のワークショップは、バヌアツにある6州の一つ、Shefa州の代表者があつまった。
Shefa州は10チーム(チームリーダー兼ワクチン投与者1人/記録者1人/なんでも屋1人)が各地方にばらけ、12日で6835人のこども(1才〜5才未満)に麻疹の予防接種をおこなう。
そのチームリーダーと記録者があつまった。

内容は、、、
麻疹の危険性
同時におこなう①ビタミンAの支給 ②駆虫飲薬の支給 ③蚊帳の支給 ④手洗い指導について
各チーム一日に何人の子どもを予防接種できるか計画の提出
各チーム予算の提出
予防接種のケーススタディ
c0196549_22185452.jpg
〈EPI課 Leonaldのプレゼン〉

質問がたくさんでてくる、みなが積極的なワークショップになっていた。

自分は、モニターという役割で参加予定。
WHOのかかげた予防接種・目標達成率は 「99%」。
その達成率を正確にたしかめるため、予防接種が終了した地方にいき、もれがないか一人ひとりたたずねていく。
もし接種できていないこがいたら、チームが再びむかい、限りなく100%に近づける。

こんなデータがあった。
予防接種をうければ死亡をふせぐことができる病のなかで、死亡率48%が麻疹(1〜5才)。
アフリカにすむ栄養失調のこどもたちの致死率がひじょうに高いと。
死亡にいたらないケースでも、肺炎や失明になることも。

自分にできるモニターをしっかりやろう
このキャンペーンを支え、もりあげていきたい。
c0196549_2221919.jpg
〈注射針をすてる箱づくり〉

ーテレビコマーシャルー
ついに完成。
バヌアツ放送局にいく。
みながGoサインをだしたものをつくることができた。
目標としてここに書いたひとつ、メディアを利用したヘルスプロモーション活動。

予防接種にみなが集まるように
これをみた人が「公衆衛生」に関心をもち、行動につなげてくれるように

目の前のこと と 先のこと
実現していけばと思う。

挿入歌もいいものができた。
最初は迷った。
バヌアツの曲にしようとおもったが、おしえてもらう曲は陽気なメロディーばかり。
それでも、今回は心拍数をあげないでメッセージを感じてもらいたかった。

自作の曲を新聞で一般公募するコンテストを考えた。
キャンペーンへの関心を別の角度から高めてみようと思ったが、うまく説明できずに棚上げ。
いつか一般公募という方法はやってみたい。
そのあと、日本の曲をつかおうと著作権の申請をしてみたがうまくいかず。

そして、バヌアツにいるギターをひける沼尻隊員(小学校教諭)に依頼。
快くひきうけてくれ、伊藤隊員(小学校教諭)もまきこんでくれ、二人がつくってくれた。

タイトル 『Lovem yu』

バヌアツの人たちに伝わっていくことを願う。
伝わるような気はする。

ラジオコマーシャルの挿入歌としても使ってもらえるようお願いした。
自作TV-Spot〈放送局でナレーションをいれて完成〉

みんなでかんがえたスローガン
Rimemba Helti Pikinini I Fiuja Blong Vanuatu

おぼえておいて 健康なこどもたちは バヌアツの未来
c0196549_22271860.jpg
〈ヘルスプロモーション課デスクにて 5人部屋〉
[PR]
by jmb-you | 2009-05-30 00:39


バヌアツ保健省ヘルスプロモーション課での活動記録


by JMB-You

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

次のステージ 海の案内人へ
at 2012-07-03 14:27
奇跡の再会 & Happy ..
at 2011-07-31 06:32
バヌアツ最後の数日
at 2011-06-01 01:25
2年間の感謝を込めて
at 2011-05-17 16:41
連投2.ヘルスプロモーション..
at 2011-03-08 13:20

LINK

ライフログ


Lonely Planet Vanuatu & New Caledonia


Globe Trekker: Pacific Islands - Fiji Vanuatu [VHS] [Import]


A New Bislama Dictionary: Bislama-English/English-Bislama

以前の記事

2012年 07月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
駒ヶ根訓練所
未分類

検索

ブログパーツ

お気に入りブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧