「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 111 )

次のステージ 海の案内人へ

次のステージへ進むことになりました。
バヌアツの隣の国、フィジーにて海の案内人になります=]

こちらのブログはこのまま残し、今後バヌアツを調べる人の目に触れれば嬉しいかな。

それでは、今後ともバヌアツをヨロシクお願いします=] =] =]
c0196549_13505053.jpg
今、バヌアツの友達ネルソンがJICAトレーニングで来てるので、何回か東京をぶらぶらしたり、御飯を食べにきました=]
c0196549_1351235.jpg
バヌアツにいた時、一緒に島一週「歯の健康教育」啓発活動をしました=]ネルソンはバヌアツにたった二人しかいない歯医者の一人☆こないだ聞いた話、独立記念日や、クリスマス、ニューイヤーは絶対に外に行かないで家でおとなしくしてるんだと。なぜ?と聞くと,,,,,喧嘩して歯や口の中を血だらけにする若者が絶対いるから、on callの準備をしてるんだと(笑)ハハハハハ(笑)うけますねー。

それでは最後に、「なんでバヌアツがそんなにいいの?」と聞かれることがよくありますが、このミュージックビデオをみてもらえたら、なんとなく解ってもらえると思います。見る前にはティッシュかハンカチの準備をしてください。 R.I.P.
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Neiroma -Tokoiwa String Band-


こっちも紹介しよっと!
僕の友達がバヌアツの女性(メラネシアン人の女性)に捧げる曲をつくったのですが、ミュージックビデオを作って欲しいと頼まれ、自分の写真をかき集めつくったものです。 とてもスイートな曲です<3
Melanesian Woman (Version 2) -Jay.j.Fresh-

[PR]
by JMB-You | 2012-07-03 14:27

奇跡の再会 & Happy 31st Independence Day VANUATU

昨日Namba 30 Julyバヌアツの独立記念日
いやー今年は日本で向かえたIndependence Day!
(数々の思い出が蘇りますが、過去に縛られてはいけません(笑))
夕べはバヌアツのみんなにCelebrationコールを

みんなが教えてくれたのは:) :) :)
去年の独立30周年記念日の特集映像で毎日Yukiがテレビででてくる! ということ
マーチを歩いた映像で、ちゃんとスマイルだということ:)
なんだか嬉しいです
c0196549_652095.jpg
〈マーチ 2010 Vanuatu 30th Independence Day "March for Parliament Park" 〉
2010年バヌアツ独立記念日
2009年バヌアツ独立記念日

そしてそして、火曜日バヌアツから日本にきていたLionと奇跡の再会
c0196549_610512.jpg

あるプログラムで12日間日本に滞在していたLionとセントラル小学校の生徒さん5名
Lionは小学生の時このプラグラムに参加していて、月日が流れ引率者として今回訪日

Lionが日本に来る前から連絡はとっていましたが、時間や場所の関係上会えなく
Lion帰国前日に「明日成田で会おう」と約束

まーホント色ッ々あって会える確率はとっても低かったですが、
奇跡に近いかたちで会うことができました:)
c0196549_6183239.jpg
〈ナイスシャツ!!!!!〉

会えたのはわずか10分足らず

出発ゲートに向かって走っている時『Yuki!』と呼ばれた時は感無量でした
涙をみせないバヌアツ人男の涙はグっときました

出会ったモルジブの女の子の話に始まり(笑)、広島の原爆資料館で涙した話、大阪USJに行くことができた話、今日会えたのは神様のおかげだという話をしてくれました
ターコイズのネックレス、Lionのお母さんにターコイズのバングルをプレゼントできてこっちは大満足

2013年、また引率者としてやってくるそうです
次はLionと日本で会うのか、バヌアツで会えるのか…

c0196549_644773.jpg
日本に帰国前日、家に顔をだしにきてくれたLion
c0196549_632455.jpg
Lionの実家Malekula Uripiv島にて Lionのお母さんGrennethyと。 リンクその時の備忘録 まだこの時はGrennethyとLionが親子ということをし知らない(笑)
c0196549_64111.jpg
大大大好きなLionのお母さんGrennethyと

【Lionトリビア】
*Lionとの出会いは、教会の友達と歌の練習を自宅でやっていた時、きてくれたのがLion。静かな歌なのに、ダンボールをバンバンと太鼓かわりに叩いて「ウルサイヤツだなー」と思った
[PR]
by jmb-you | 2011-07-31 06:32

バヌアツ最後の数日

c0196549_22543774.jpg
〈ファイナル報告のあと、保健省で送別会をやってくれました。 テントまでたててくれて。 セントラルホスピタルのSAYOKO隊員もご招待。 マラリア課のTAKA隊員は島から帰って来れなく、さびしかったです〉
c0196549_2254517.jpg
〈マイクまで用意してくれて。 感謝のスピーチです。 後ろはボス。 この日は雨でした〉
c0196549_2255534.jpg
〈歌のプレゼントまでしてくれました。 感激のサプライズ〉
c0196549_225516100.jpg
〈同じ課のトメルー。 いやーサンキューを言うのがつらかったです。 毎日パンを買いにいかされ、一緒に食べてました。 この日は抱えきれないプレゼントや寄せ書きをいただきました〉
c0196549_22552741.jpg
〈15時くらいからはじまり、帰宅したのは23時過ぎでした。 のんだ 飲んだ ノノとジョエル〉
c0196549_22554089.jpg
〈教会の家族と最後のラップラップ 本当の家族の一員にしてくれました Atchin村のラップラップソソールは一番美味い ホントに美味い ブラザー・ニト〉
c0196549_22555346.jpg
〈シスター・クウェネット 職場でも外でもいつも面倒みてくれました〉
c0196549_22561032.jpg
〈大好きな場所テウマにSee You〉
c0196549_22562132.jpg
〈プレゼントがある、とわざわざ家まできてくれたデイビット ありがとう、大事なものを やっぱバヌアツの若者はボブマーリー好きだね〉
c0196549_22563860.jpg
〈小学校のとき日本に行ったことがあるリー 今度は御世話役で日本にくるそうで 7月に日本で会おう〉
c0196549_22565530.jpg
〈最後の一日 ブラザー・ジョンマリー、昼からカバをつくってくれるとはね サプライズでした ありがとう〉
c0196549_22571689.jpg
〈カバのおかげで肝臓はボロボロだよ〉
c0196549_22572777.jpg
〈レッシーも準備しててくれたみたいで いつも身の回りの世話をありがとう フタリはお似合いの夫婦です〉
c0196549_22574157.jpg
〈思い出が詰まったナカマルにあつまってくれたVAO村のみんな ブラザーたち ありがとう〉
c0196549_193147.jpg
〈ありがとねエドウィン 優しいよ〉
c0196549_22575326.jpg
〈ここのナカマルはNO.1〉
c0196549_0555393.jpg
〈最後の晩は、ボスと一緒にカバ 念願だったから行けて良かった 本日2度目のカバ おもいきり飲んでおもいきり吐いて、またおもいきり飲みました〉
c0196549_2258373.jpg
〈フライト20分前 ボスがきてくれた まさか来てくれるとは 嬉しかったです〉
[PR]
by jmb-you | 2011-06-01 01:25

2年間の感謝を込めて

帰国前、2年間の感謝を込めて、オレのコミュニティ、家の前にあるストアー兼ナカマル(カバ飲み屋)の塗り替えをみんなでおこないました
c0196549_16285032.jpg
〈この5人であーだこーだやりました〉
c0196549_1629125.jpg
〈これは2年前〉
c0196549_1629821.jpg
〈これが塗り替え後〉
ナカマルは味があるから塗りかえする気はなかったんですが、みんなの気持ちが高まってきたので塗ることになりました
c0196549_16291618.jpg
〈そして オレの手形〉
c0196549_1629254.jpg

c0196549_1629325.jpg
〈あまったペンキでブラザーのおうちを勝手にぬります ペンキが足りないので、超つぎはぎです 笑〉
c0196549_16293616.jpg

c0196549_16294368.jpg

MALEKLA島VAO村のみんながオレをバヌアツ人に育ててくれました
[PR]
by jmb-you | 2011-05-17 16:41

連投2.ヘルスプロモーション全国会議

c0196549_12514135.jpg
c0196549_1328815.jpg
〈Last 5 Minutesの男のプレゼンテーション IEC Distribution Strategy
追い込まれてから仕事を始めるバヌアツの人は「最後の5分が忙しい」といつも言ってます。もともとその素質があり、バヌアツでさらにその素質を磨いたLast 5 Minutesの男は最後に力を発揮していました
プレゼン後のディスカッションにおいて、州ヘルスプロモーションオフィサーが口々に国に対して意見を述べていたのが貴重でした


先週5日間に渡り、「ヘルスプロモーション全国会議」がWHOとSave the Children Australiaとの共催で行われました。州と国のヘルスプロモーションオフィサーで行われる全国会議はバヌアツ歴史史上初(過去12年間)のことであり、記念すべき時事でありました。特別、州ヘルスプロモーションオフィサーが熱望していた会議であり、彼等の声を直で聞いていたボクにとって非常に嬉しいものでした。会議から、これからの州と国のヘルスプロモーション課のチームワークが期待できる所産が出て、全ての参加者が満足して幕を閉じました。この全国会議を開催に漕ぎつげた後任JICAボランティア渡部W.明人氏の功績は大きいです。
ボクの活動にとってもヘルスプロモーション全国会議は非常に重要な位置づけになるものでありました。活動の核にあった「IEC(啓蒙ポスター,パンフレット) Development & Distribution Guide Line」制作は難局を迎え諦めるところでした。しかし、活動の最後の最後で全国会議が開催されることになり、ヘルスプロモーション課課長から「IEC Distribution Strategyを打ち出そう」という声をかけてもらいました。そして全国会議においてIEC分配戦略を発表しました。IEC分配計画は州ヘルスプロモーションオフィサーと協同で作成しましたが、国との間に方針のずれがありました。現実的な州の計画と理想的な国の計画がありましたが、現実的な州の計画におちつきました。IECという論題に対して州と国が議論を交わすことは初めてであり、私が目指していた州と国の接合のお手伝いができてよかったです。議論で話題になりましたが、このIEC分配戦略は更新されていくべきものであり、現在の戦略を壊してより優れたものにしていくべきです。今回の戦略提示はそのスタートになるでしょう


ボクの大好きなHealth Promotion Officerたち
Jean Tabibang [PEAMA Health Promotion Officer]
c0196549_12532460.jpg
映画俳優のようなこの表情
「過去12年間まったくなかった会議がはじめて行われた。凄く良いこと」
「どの会議もいいものだけど、この会議で出たOUTCOMEは素晴らしい。新しいボランティアのAKIは素晴らしい仕事をしたよ」とボクに話してくれました
そして
「帰って来れるなら、PENAMA州に来い。オレはボランティアを必要としてる」
と言ってくれました


Ben Taura [SHEAFA Health Promotion Officer]
c0196549_1254139.jpg
今度は州保健事務所で働きたい、と最初に相談したBen
「Yukiはオレのところに帰ってくるから。スペースは空けてある」と皆に話してくれた


Grennethy Tavunwo [MALAMPA Health Promotion Officer]
c0196549_1255842.jpg
発言は直球ストレートで、会議にアクセントをつけるGrennethy
「州は国からもう独立していない。州オフィサーが待ち望んでいた会議よ」とボクに話してくれました
「Brother Yuki Gud Boy」といつも言ってくれるGrennethy
Grennethyが若かった頃に出会えたら.....(笑)


Joe Jimmy [TORBA Health Promotion Officer]
c0196549_12563750.jpg
数えきれない笑いを提供してくれるJoe
Workshop中は毎晩一緒にカバを飲み、モーテルに泊まらせてもらいました
「州と国のヘルスプロモーションオフィサーが一度に集えたことが本当に嬉しい」とみんなの前で発言していました
「Yuki オレの州に帰ってこい。一緒に仕事をしよう」と言ってくれたJoe


Casimil Liwuslili [SANMA Health Promotion Officer]
c0196549_12572977.jpg
ボクと笑いを作るのが好きなCasimil
情があるのかサッパリしてるのかCasimil
「これから州ヘルスプロモーションオフィサーは変われることができる」とこの会議の位置づけを強調していました
IECに対して、多くの期待をしているオフィサーの一人で助けてもらいました


Iou Pusin [TAFEA Health Promotion Officer]
c0196549_12582754.jpg
不平や愚痴を決して言わなく、心が海のように広いIou
寛大な言葉の数々に学ばさせてもらいます
「日本の家族に色々話して また帰って来な」と言ってくれました


Akihito W. Watabe [Public Health Physician]
c0196549_12593467.jpg
この全国会議の立役者
2月の中旬に私の後任として配属されるや否や、就業時間はまったく手足を休めず働く働く。日本でも準備をかなりしてきたんだろうし、家に帰ってからもかなり仕事をしていると見て取れた
自分は「いやー 僕の力じゃ全国会議はひらけません」とボランティア調整員に話したことがありましたが、このAKIは数週間でやり遂げてしまう敏腕振り
「このペースじゃみんなついてこないだろう」と踏んでいましたが、この全国会議で一気に信頼を獲得したんじゃないかと思います。National Officeにはボクみたいなボランティアじゃなく、彼のような人材が必要だろうと思います


いやー、最後の最後にこんな歴史に残る全国会議に参加することができ、自分の仕事もコンプリートすることができ、全てに感謝しています


オフショット
c0196549_1312362.jpg
〈周期的におとずれる微熱に不安を抱きマラリアチェックへ
日本人大好きなJeniferにマラリア原虫をみてもらいNegative!〉

c0196549_1324994.jpg
〈先日EGGIEの依頼で、内閣府世界青年の船の通訳に言ってきました
客船の給油にてたくさんの日本人がバヌアツ上陸していました〉
[PR]
by jmb-you | 2011-03-08 13:20

連投1.HAPPY BIRTH DAY

c0196549_1218585.jpg
2月中旬 この日は、保健省のゴミを廃棄場に捨てに行きました
メンバーは隊長ジェレミー(保健省ドライバー)、エラ(保健省クリーナー)、タカ(保健省なんでも屋)とボク(保健省なんでも屋)
地方公共団体が、指定のゴミ袋以外のゴミは撤収しない制度を決めたことにより、自分たちの手で捨てにいくことになりました
前回はトラックからゴミをバラバラと道に落とし収拾がつかなくなりました
今回はその反省を活かし、まずはネットを買いに行くことから始めました
この日は保健省とゴミ廃棄場を4往復
一日が終わりました

ちなみにこのゴミ廃棄場は日本の援助により作られたものです
フクオカ式ゴミ処理、みなさんご存知ですかー?
c0196549_1220303.jpg


緑の物体がモソモソと動いていたので近づいてみると.....

子どもたちでした
シャッターを向けると、看護士マテューは「顔をだせ」と子どもに
学校内の掃除ででた草を持って帰り、火おこしに使うそうです 立派!
c0196549_12223817.jpg


昼休み。アメリカンプール(第二次世界大戦の遺物)で行水するアイランドボーイ達
はい、もちろんこの後はここに混ざりました
バク転の練習です
c0196549_12275037.jpg


バヌアツ式バンドエイドを実践
ボイラにたかるハエの量が6匹ほど もーどうしようもない
ハエはしつこく、払っても払っても、歩いてもついてくる
バンドエイドの持ち合わせがなく、葉っぱと紐で対応
見事にハエはよってこなく、気持ちよく散歩できました
c0196549_12291616.jpg


この日はHappy Birth Day!
29になりました
職場のボス(=カウンターパートナーであり、家族)がカバを飲んでお祝いしようと誘ってくれました
いやー、嬉しかったです
マズすぎて、胃がひっくり返って吐きましたけど
c0196549_12313531.jpg
c0196549_123386.jpg
そして、その後はほろ酔い気分で誕生日会
ブラザージョンマリーと誕生日が一日差ということで一緒に晩ご飯を食べることに
ジョンマリーから、バヌアツのカスタムであるカリコー(布)のプレゼントをもらいました。ビールも用意してくれ、3本(かな?)を皆で分け合いました
c0196549_12335539.jpg
c0196549_1235153.jpg
c0196549_12372391.jpg
そして、日本の母に電話してみると「いま何をしてるの?」と
「誕生日会」と答えると
「アンタの誕生日ももうそろそろだねー」と

天然の母にやられ、空いた口がふさがりませんでした
少し話しをして話をそらして電話を切りました*****
[PR]
by jmb-you | 2011-03-08 12:48

AORE ISLAND / AORE ADVENTIST ACADEMY

c0196549_23231516.jpg
「年末年始休まなかったんだから休みなよ」という声に後押しされ、祝日と週末をつかって4泊5日の国内旅行へ行ってきました
行く先は、SANMA州 AORE島 AORE ADVENTIST ACADEMY
目的は、Sister Amonlynに旅立ちの挨拶をするためです
c0196549_23245225.jpg
〈カヌーでAore島に帰る住人〉

飛行機にのり1時間でSANTO島へ、そして空港にはAmonlynの出迎え
そこからトラックで浜辺まで行き、ボートでAOREアイランドを目指します
カヌーで渡る人もいました
僕らはボートで
c0196549_5222174.jpg
〈ボートで兄貴の手伝いをするアイランドボーイ〉
c0196549_5234329.jpg
〈日本語レッスン中のLester 教えてくれと興味津々〉

宿泊先はアレンジしてもらい、AORE ADVENTIST ACADEMYの先生Lesterの家へ居候
(蚊が毎晩半端なく、4日間とも毎日2〜3時間の睡眠しかできませんでした(涙))

c0196549_525169.jpg
〈聖書の勉強をする時間 生徒に教える妹Amonlyn〉

2日目は土曜日、SABBATH(安息日)
そう、AORE ADVENTIST ACADEMYはSDA [Seventh Day Adventist] の学校です
勉学と同時に礼拝を非常に重んじているミッションスクールになります
c0196549_526317.jpg
〈正装をし聖書を片手に教会に向かう生徒たち〉
c0196549_527213.jpg
〈歌の指揮をとるAmonlyn〉

朝8時から教会で生徒たちによる礼拝プログラム
9時から教室で行われる聖書の勉強の時間
そして10時からお昼まで牧師さんの話を聞く礼拝の時間
昼食後、15時半から生徒たちによる礼拝プログラム
16時半から日没まで最後の礼拝

SABBATHが終り、最後校長先生に呼ばれ皆の前でインタビュー
教会の中で笑いをおこしてはいけないのに、笑いをおこしてしまった
悪しからず(失笑)
バヌアツは食生活改善が必要と言ってきました
校長の“粋”な計らいに感謝   

c0196549_5292293.jpg
Tithe 無人野菜販売所〉

日曜日
Tithe=10分の1税 聖書にある教えの一つTithe
自分が獲得した財産の10分の1は教会に納めましょうというものです
この販売所へは、住民が穫った作物の10分の1をここに置いて行き、買いたい人が買えるシステムになっています そして、その代金が教会へと納められます〉
c0196549_5305459.jpg
〈キッチンではお昼前から夜ご飯の準備がはじまっています〉
c0196549_532012.jpg
〈ココナッツの木の下で雨宿り さだまさしの雨宿りはこの時流れなかった 残念! Larisahはソロモンからきている先生* ボクのサンダルがかなり気に入ったようで奪われました(笑)いや、excahngeしました* 素敵なバタフライに出会いました〉
c0196549_53332.jpg
〈雨宿り中のAmonlyn〉
初日から引いている風邪&微熱&睡眠不足に対して、荒治療
「AOREの時間を無駄にしたくない」という思いでサイクロンの中、無理して遊びます
c0196549_5351522.jpg
〈帰ったらココナッツミルクで味付けしたバナナを蒸した*****が火に (トゥルックではありませんよ)〉
c0196549_5462995.jpg
〈マッサージ30分×5人 ボクのカメラは基本使いたい放題、いじりたい放題です〉

自分を知るAmonlynの一声で、みながマッサージを志願しだしました
鼻水だらだら、くしゃみ連発、自分がマッサージ受けたいのに.....
みな「ソーリーYuki」と言いながら至福のときを味わっていました
けど、相手との距離がグっと縮まるマッサージは僕にとっても良いもんだなとつくづく思いました
c0196549_549660.jpg
〈夜の学校 生徒たちは勉強の時間〉

ジェネーレーターを動かし、灯りが通る18:30〜21:00
日曜の夜ですが、生徒たちは勉強の時間
この学校、バヌアツでは見たことも聞いたこともないくらいとても時間を厳しく管理した場所でした。SDAの方針をおもいきり打ち出しているんでしょう
c0196549_601425.jpg
〈カスタムリーフ ナマンベの葉を食べる〉

月曜日
みんなの期待を裏切らずに、風邪の悪化
声はガラガラ、喉はあつく、耳も遠くなってきました
「ナマンベの葉は喉に良い 一日でなおる」というアドバイスに
100%郷に従うスタイルのボクはいただくことに
薬をのんだという感覚にはなるので、精神的に楽になりますね
でも一日では治りませんでした
c0196549_61916.jpg
〈カヌーでフィッシングポイントへ エラ&ジェイピエン〉

そんな中、無理をするボクはみんなの釣りに「行かせてくれ」と同行
c0196549_620586.jpg
〈バヌアツの男むんむんのサイラス〉
c0196549_6222610.jpg
〈Memo:ケヌーの作り方〉
c0196549_623799.jpg
〈収穫!〉

ネットを張って、魚をおびきよせ追いかけ、網にかける、ネットをひきあげて、場所を移動して の繰り返し
防水カメラでよかった
c0196549_624776.jpg
〈潮が引き、浮かび上がったホワイトサンビーチ〉
c0196549_6293357.jpg
〈痛い豪雨が何度もくる中の楽しい時間 サイラス&アモンリンのお父さんマシーン〉
c0196549_6313861.jpg
〈海辺で魚を綺麗にして、一匹だけ刺身にしました 初体験のみなもまずまず 残りはフライとココナッツミルクで煮込みました〉
c0196549_63603.jpg
〈のんびりした時間〉
この5日間はいつも以上に自分で時間をコントロールをしない時間
バヌアツの人は、行動範囲はせまくなんとなしに座っておしゃべりをする時間や行き先もなく歩きながらリラックスするが当たり前の時間
たぶん電子機器に囲まれている日本人は1時間ももたないと思う
つまらない、という人がいてもおかしくないと思う
「よく飽きないな」と正直おもったりもする(オレはまだ日本人か.....)
でも、2年強バヌアツにいて、そうゆう時間に対してつまらないとは思わなくなった
そこには、ぬくもりがあり絆がある
でも「あ あかん みんなの話長過ぎる」と思った時は、「ちょっと横になる」と寝に逃げますが(笑)
c0196549_6364770.jpg
〈日本の数字の数え方を暗唱するエレンとジェイピエン〉

「なんか歌を教えて」とお願い
そうしたら『AORE MY HOME』という素敵な歌を教えてくれた
日本語の歌を教えてくれというので『上を向いて歩こう』を教えた

風邪は悪くなるばかり
生姜をお湯で何杯飲んだか.....
栄養がとりたい、と心の底から思う

この島に住む住民はバヌアツで見てきた人の中でもきわめて、栄養に関して感心がない
ミッションスクールのエリアなのになぜ?と首をかしげるくらい
野菜をもっと食べましょうよ
けど、みんな元気(笑)
c0196549_6375174.jpg
〈教会〉

最終日
ついに太陽が帰ってきました
サイクロンが来て、旅行の計画が変わった今回
日曜日はSANTO島に戻り日本人の友達と激流下り、月曜日はブルーホールという湖を見に行ってというプランでした
でもサイクロン発生でボートがでなくなりAOREで足止め

けど、足止めじゃなかった
その島を知るには時間が必要
本当に4泊できたことは幸運だった
みんなとの交流が深められた
c0196549_6383980.jpg
〈校舎の前を歩くアモンリン〉

こうして、太陽燦々のAOREも見れたし

このAORE ADVENTIST ACADEMYは今までに見たことない世界を魅せてくれた
生徒は男子寮と女子寮で暮らし、携帯電話の持ち込みは禁止
毎朝毎晩かかさず、生徒全員が集まりお祈りの時間
月曜日は8時間授業、火曜日は7時間授業、水曜から金曜は6時間授業(1時間50分)
土曜日はSabbath
日曜日は夜も勉強
先生は生徒以上に大忙し
バヌアツの典型的なスタイルから逸脱し、自分たちのスタイルを確立している学校
なかなかできない

そして歌を歌うことが大好きなAOREの生徒たち
卒業生は、色々な所で活躍している
みんな学園生活を楽しんで欲しい
c0196549_6391827.jpg
〈木の上からダイブ この水しぶきは何点かなー〉

AOREのみなから言われたSTRONG HEAD(石頭)のボクは、こりずに鼻水だらだら、耳がとおらない状態でも遊びます

AORE滞在もこれで終り
さよならは言いません
また次の機会に、なんです いつか来るんです
まだAOREのスンバラシイSUNSETをみてないんです
c0196549_6401011.jpg
〈ココナッツ畑を抜けてボート場へ 校長の奥様タヒチの人だった〉
c0196549_641787.jpg
〈Lycee de Luganvilleで働くUEDA-san〉

旅の終りはSANTO島の高校で働くUEDA-sanを訪問
フランス語でバリバリ授業をしていました
c0196549_6415670.jpg
〈カウンターパートナーの方と一緒に授業〉

少ないパソコンの数を多くするために、授業料を少し上乗せする改革をおこし、中古のパソコンを導入したUEDA-san
UEDA-sanとゆっくり飯に行けなかったのが心残りですが、また日本で
カウンターパートナーの方との強い良い信頼関係に気づき、なんだか心地よかった
c0196549_6424141.jpg
〈AORE Island〉

帰りの飛行機から見るAOREは愛おしかった
緑でいっけん何もない小さな島にたたずむ白い美しい学校
いいものを感じさせてもらいました

シスターのアモンリンも相変わらずでバリバリやってたし
アモンリンの家族にも友達にも自分は恵まれ
本当に行って良かった
[PR]
by jmb-you | 2011-02-23 08:40

〈Bislama〉ビスラマ語に挑戦



ビスラマ語のヒアリングに挑戦!
これは初級かなー!    AHAHAHAHAHA!

※2011年度からバヌアツで導入される乳幼児向けのワクチン「Pentavalent」の紹介
[PR]
by jmb-you | 2011-02-16 07:07

写真で振り返る1月2月

c0196549_4154322.jpg
【省庁機関は毎週水曜PM3:00からはWork for Life! 体を動かして、頭も心もリフレッシュ!健康でいこう、というプログラム この日は1時間半程度の散歩 ゴールにて】
c0196549_4163240.jpg
【クリーナーのElaとRebbecaも勿論Teamヘルス!】
c0196549_4172246.jpg
【ゴールにはロードマーケットがあってココナッツをみんなでシェア飲み&食い トラックの荷台でさとうきびをみんなで食べながら帰宅 一番支えがないトラックの荷台の後ろの淵(荷物の上げ下ろしで開く所)の真ん中に腰掛けることも今はできるようになりました】
c0196549_418653.jpg
【自分の悪い所を指摘してくれるバヌアツのねえちゃんAnnieが島に帰る ANNIEにはごまかしがきかなく、いつも質問攻めにあい精神面を鍛えられた(笑) 「Yukiの日本のお父さんとお母さんは、わたしのお父さんとお母さんだから」とメッセージをくれた 来月うまく時間みつけて会いに行きたい】
c0196549_4193841.jpg
【シスターElvaと仲良くココナッツミルクで仕上げ】
c0196549_4203974.jpg
【送別晩餐はなんといってもMalekula島Atchin村のLaplapソソール 一昨年はこの美味しさがまったくわかりませんでしたが、今は大好物 お母さん、変わりましたよ】
c0196549_4213599.jpg
【カウンターパートのKepoueがフィジーへ旅立った。Fiji School of MedicineにおいてPublic Healthを勉強する奨学を獲得。3年間の留学。最後の週は月曜から土曜まで毎日カバを飲みに誘い、自分なりの感謝の気持ちを示しました】
c0196549_4225574.jpg
【日大のN このコは今流行のビスラマ語を丁寧に教えてくれてありがたい】
c0196549_4242920.jpg
【この日のWalk for Lifeも散歩 Eggyは国際交流プログラムで日本に行ったことがあり、「上を向いて歩こう」をそらで歌えます 来週日本から来る内閣府青年の船でエギーは出迎えに ボクは通訳に】
c0196549_4253499.jpg
【ストアで立ち話 なんか良い時間でした あ、GOLDGYMのシャツだ】
c0196549_4272194.jpg
【珍しく協力隊仲間と団体行動 Meleの滝 NORO TAKANOBU KOSUKE MIDORI】
c0196549_4263470.jpg

c0196549_4281069.jpg
【新ワクチンPentavalentのOfficial Launnching】
c0196549_4292482.jpg
【劇団グループがPentavalentを紹介するドラマをつくってくれた 自分が作ったパンフレットよりもラジオよりも断然上で解りやすく最高】
c0196549_4303390.jpg
【サイクロン発生 家の横の気が倒れて停電 byロイック】
c0196549_432249.jpg
【うちのマンゴーがおちてしまったので近所のロロにおすそわけ】
c0196549_433310.jpg
【おちたココナッツをひろいに不法侵入(?) 「Yuki おまえも飲め」(笑)】
c0196549_434362.jpg
【仕事にてがつかない1月 じゃあー写真を撮りに行こうということになり】
c0196549_4345981.jpg
【寄付された車椅子 うちのレセプションに放置され数ヶ月 ようやく病院へ運ぶことに 写真のGeorgeは解雇された 保健省の男で一番年も近くツルんだ仲 ショックがでかすぎる】
c0196549_4355157.jpg
【バヌアツ流キャンプはこんな感じ w/zファミリー】
c0196549_4365268.jpg
【雨が降っても楽しい日曜日】


TBS土曜朝「知っとこ」で海の中をもぐって水中ポストにハガキをいれていたのは実はボクです
気づいてくれた日大水泳部同期のマロさん、Tankyu Tumas!

年は明け、色々なことが起こる毎日でした
仕事を一から教えてくれいつも一緒に仕事をしたカウンターパートナーのJeanが12月31日に突然解雇通達
色々な事情がありました とてもツライ
1月の後半、NewグラフィックオフィサーIONNIE、ボクの後任JICAボランティアAKITOが勤務スタート

1月はTOUMELUとフタリでオフィスを守ってました
保健省は半分のオフィサーが休暇、休暇を終えても帰ってこない、という南国のんびりスタイルなので.....
TOUMELUとおしゃべり、他の課で来ている同僚とおしゃべり、レセプションで電話番、ちょっとお仕事、おもいきり掃除、という感じの毎日でした
2月に入り、JICAボランティアAKITOの日本時間がオフィスに流れ急に忙しくなってきました(笑)
[PR]
by jmb-you | 2011-02-15 06:35

【大事なお知らせ】JICAボランティアご家族の皆様

超重要なお知らせです

今日の午前中、親父からメールがきました
『風邪、どうですか? なおりましたか?
 最後のターン おもいっきり 気持ちよく かべを蹴ってください。
 極楽湯 いきましょう。 シー湯〜〜〜。
 火の用心 戸締まり用心。』

さすが水泳人の親父、「うまいな〜」と感心

けど、このメールを読んで、「風邪かぁ…」とはてさて?
「風邪なんて引いたのいつの話だぁ
 今年はまだ親父と話せてないから、去年話した時風邪さ引いてたっけ…」とぼんやり

まーその場では返信をせず、昼寝をして、夕陽を見るために海にくり出しました

夜(さっきです)、「親父の声でも聞くんべ」と電話

息「もしもし ユウキ、メール見たよ ありがとう」
父「おーおー 体調どうよ」
息「絶好調 絶好調 風邪なおった?なんて聞いてたけど いつ風邪ひいたかなんて忘れるくらい絶好調よ 最高」
父「なーに言ってんの 風邪ひいてしんどいって、もーヒドい声で言ってたじゃん」
息「…」


息「… いつよいつよ、風邪ひいた時のことなんてもう忘れたよ ハハハ」
父「え? つい一週間前、風邪引いてシンドイって電話くれたろー」


心臓が一瞬とまりましたね
なんででって、一週間前に実家に電話した記憶無し
なんの話かまったく解らない

親父は続けて、
父「あまりにも声がヒドくて、オレオレ詐欺みたいなもんかと思ったよ ガハハ
  で、だいじょぶなの」


ここで、ようやく事態を把握!
息「それ ほんとのオレオレ詐欺だよ!」


やってくれました、心なき人が
僕を装って、いたずら電話です

悲しすぎます
最低な行為ですね
久々に怒ってます 家族を騙すなんて
超悪質です

そして、そんな人が、そんな日本人がいることが腹立たしい

不幸中の幸い、なにかを振り込め、みたいなことはしてこず
その心なき人は体調不良を訴えていたそう
親父もそれをてっきり信じていましたし、疑うことはなかったそう(自分の親父はそうゆう類には警戒心が強く、自分が小さい頃から強く指導するような親父です)

最低です
キモチが悪いです

JICAボランティアのご父兄のみなさん
だけじゃなく、家族が離れて暮らしているひとのみなさん
マジで気をつけてください

親父と「お互い気をつけよう」と確かめ合いました
帰国間近、日本からバヌアツへの電話の掛け方を教える自分
はい それもどうかしてますが(笑)

オレはなんも悪くないのに、なんか「すまん 親父」という気持ち
あー ムカつく

JICAボランティアの個人情報が漏洩しているという話も以前ありました
とりあえず、明日JICA事務所に報告してきます
c0196549_2002613.jpg
〈March 2009 実家にて〉
[PR]
by jmb-you | 2011-01-23 20:26


バヌアツ保健省ヘルスプロモーション課での活動記録


by JMB-You

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

次のステージ 海の案内人へ
at 2012-07-03 14:27
奇跡の再会 & Happy ..
at 2011-07-31 06:32
バヌアツ最後の数日
at 2011-06-01 01:25
2年間の感謝を込めて
at 2011-05-17 16:41
連投2.ヘルスプロモーション..
at 2011-03-08 13:20

LINK

ライフログ


Lonely Planet Vanuatu & New Caledonia


Globe Trekker: Pacific Islands - Fiji Vanuatu [VHS] [Import]


A New Bislama Dictionary: Bislama-English/English-Bislama

以前の記事

2012年 07月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
駒ヶ根訓練所
未分類

検索

ブログパーツ

お気に入りブログ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧